​北の守護神

雪をかいて進む定期排雪列車。旅客列車の定時運行のために欠かせない縁の下の力持ち的存在だ。特に雪が多く降ったときに豪快に投げ飛ばす姿は実に勇ましく、「北の守護神」として我々ファンを魅了してやまない。
宗谷本線では雪を左右に分ける単線型。石北本線では片側に寄せる複線型のラッセルヘッドの運用が多い。
​迫力有るシーンを撮るため、降雪具合を常に気にしながら撮影に臨んでいる。

​画像クリックで大きく開きます